お知らせ

窓ガラス豆知識【機能ガラス編】part2

2023/9/19

真空ガラス(スペーシア)
こちらも複層ガラスの一種ですが、2枚のガラスの間が真空になっている点が大きく異なります。なぜ真空かというと、真空は熱の移動が起こらないからです。例えるなら保温効果を高める魔法瓶と同じ原理です。熱の移動が起こらないので究極の断熱ガラスということになります。また、Low-E複層ガラスや複層ガラスより高い断熱性が期待できる事に加え、中空層を真空にすることで防音性能も期待できす。



強化ガラス
フロート板ガラスを約700度まで加熱した後、ガラス表面に空気を吹きつけ、均一に急冷し、表面に圧縮層を持たせたガラスで、同じ厚さのフロート板ガラスに比べると3~5倍の強度を有しています。そのため、割れにくく、万一割れた場合にはガラス全面が粒状になる特徴があります。割れても大けがをしないガラスとして、住宅の他に学校・オフィス・デパートなどにも多く採用されています。

       ガラスの破損状況の比較

   <強化ガラス>     <フロート板ガラス>

※ 窓ガラスのことで気になった方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

株式会社  橋本硝子店

こちらをクリック→お問い合わせ

橋本硝子店に関する
ご質問・ご意見・ご相談はお気軽に

お電話でのお問い合わせ082-873-5111

営業時間 / 8:00~17:30 定休日 / 日曜・祝日・第2、3、4土曜(第1、5土曜は営業)

お問い合わせ